2016年08月16日

2D 衝突判定


衝突判定と文字表示のモジュールあったので修正して再利用。
歩行アニメの画像しかないのに、結構攻撃してるようにみえるw
射程等もきまっています。バランスは後々考えよう。

1.jpg
spritestudio
このソフトでアニメーションをビジュアルで確認できますね。
座標と回転角度だけチェックできればいいのです(
hgimg3だと画像の中心が基準になっていますが、それにも対応してました。
いやぁ便利っすねぇ^〜
細かいアニメは後回しにして、次回はダメージ処理と死亡処理あたり。
AI側にも武器持たせて遊んでみよう。

posted by bt at 20:04| Comment(2) | hgimg3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
spritestudioってhspで利用できるんですか?
開発速度とクオリティーあがりそうだなあ
Posted by 26℃ at 2016年08月18日 11:50
https://github.com/SpriteStudio/ssbpLib/wiki/ssbpLibForHSP
確か標準命令でなら使えた気がします。

私はアニメーションの確認用(座標と回転角度の取得)に使っているだけです。
何度もゲームプログラム起動するのは面倒ですので;

要はパーツ重ねあわせて表示しているだけなので、ファイル解析してモジュールでも作ればhgimg3等でも使えそうなきはしますが。

Posted by bt at 2016年08月18日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。